加齢ともに性欲が女性は上昇、反対に男性は下がる?

年齢によって性欲が下がってしまうのか、疑問を思い浮かべたことはありませんか。そこでここでは、年齢と性欲に関係性があるのかをまとめてみました。

【女性は年齢を重ねると性欲が増す?】

女性の場合性欲は、20代から高まり始め、40歳を迎えるころがピークだといわれています。女の人は35歳を過ぎると、エストロゲンという女性ホルモンが減っていくそうです。すると、相対的に男性ホルモンであるテストテロンの働きが強まり、一時的にガツガツした性欲が出てくると考えられます。女性の性欲が年齢と共に上昇する理由としては、ホルモンの分泌以外にも初体験のときに痛みが伴うことが多く、性行為に慣れていくと快感を覚えるようになるそうです。つまり、年齢とともにセックスを楽しめるようになるということ。このことからも、若い女性よりも性行為の経験が多い年齢を重ねた女性の方が、セックスから得られる快感の強さにより性欲が増すと考えられます。

女の人は、年齢外にも生理周期によっても左右されやすいです。特に排卵日が高まります。これは、排卵のときに性交渉を行うことで妊娠しやすくなるためです。では、女性の性欲が最も高まる時間帯はいつなのでしょう。それは、夕方や夜と言われています。理由として考えられるのは、眠くなるときに脳の松果体から分泌されるメラトニンというホルモンは、性欲を高める作用があるそうです。このホルモンは、物の色や形がぼんやりわかる程度の暗さの方が女性は性欲が高まるといえます。

【男性は年齢を重ねると性欲が減る?】

男性の場合、性欲が衰え始めるのは20代後半から30代です。ただし、個人差があるため40代.50代でも性欲が旺盛という人もいます。男性の性欲に関わっているのは、テストテロンと言われる男性ホルモンです。テストテロンの分泌量は19歳前後でピークを迎え、その後徐々に低下していきます。なお、ホルモンの分泌量だけが性欲がなくなっていくことに関わっているだけではありません。仕事や日常生活の中にも、その原因が潜んでいました。

30代に入れば、体力が落ちた、疲れが取れにくいと感じてくるでしょう。また、重要な仕事を任され始める時期であり、睡眠不足やストレスなど心身ともに疲れがたまりやくなる時期でもあります。このように、体力気力が衰え始めると共にストレスも増加する30代、性欲が下がりやすい年代とも言えるでしょう。

更年期というと女性のイメージがありますが、男性も40代前後で更年期障害が起きます。加齢男性性腺機能低下症候群という男の人の更年期は、テストテロンの減少が原因です。身体、精神、性機能の3つにおいて、様々な症状が現れます。身体症状としては、睡眠障害や ほてり、集中力と記憶力の低下などです。精神的なものは、いらだちや神経過敏、倦怠感があります。性機能症状としては、性欲低下や勃起障害・射精感の減退があります。こういった更年期症状も性欲減退の原因となる一つです。性欲低下の改善のために、まずは自分の生活を見直しストレスを減らすことから始めてみてはどうでしょう。それでも治らなかった場合は、マカやバイアグラなどを使うのもおすすめです。男性の性欲はとても繊細で、精神面に左右される傾向にあります。疲れていては、性行為も楽しめません。性欲が減退したと感じたなら、健康面の見直しやバイアグラを飲んでみて対策してください。

Copyright(c) 2013 jazzukha.com All Rights Reserved.