男女で違う付き合う定義

男と女の間には大きな溝があります。もともと脳の仕組みが違うので、仕方ないことなのかもしれません。しかし、違いを知らぬままお付き合いをすると、付き合った後に何かが違うとすぐフラれてしまう、友だちのような関係が長続きしてうまくいかない場合も増えてしまいます。では、男性と女性は付き合うことをどのように考えているのでしょうか。

【男性はすぐに判断する】

男性は目の前の女性を見るとき、付き合うかどうかの判断は瞬間だといわれています。視覚的にOKな人と、そうでない人を見極める能力は男の方が長けているため、セックスできる相手=付き合える相手と認識することも少なくないそうです。いわば、男性の恋愛のとっかかりはセックスであり、いいと思う女性とはその日のうちにそんな関係になれるのならしたい!というのが本音のはずでしょう。目的を叶えられるならクサいセリフや、普段はしないような優しさも見せつけられます。嘘だって簡単についてしまう人も中にはいるのです。でも、中にはベッドインした瞬間もしくは、自分に落ちたと思うと気持ちが冷めてしまう人もいます。また、性行為をしないと本当に付き合えるか判断できないという方も。

【女性はじっくり時間をかける】

女性は、お付き合いを考えるまでの過程は男性よりも時間をかけます。女の人は、本能的に良い遺伝子を求める傾向があるのでいわゆるイケメンには弱いです。それだけ顔がいいと、人生をプラスに過ごせると本能が感じ取るのでしょう。そのため、容姿が素敵で優しい異性に関しては、その日のうちに性行為する女性も少なくありません。しかし、現実は見た目が平凡ということが大半、付き合いたいと思う要素が見た目以外にないとそんな気分にならないですし、その気がないとセックスなんてもってのほかです。見た目は出会ってすぐでは理解しようがないうえに、生理的に無理と思ってしまう男性でない限りは、何回かデートをして相手を観察します。そこで、性交渉をせかされたりすればただヤリたいだけと思われてしまうのです。女性と本気でお付き合いしたいのなら、少しずつ気持ちが盛り上がる心理を理解してください。

【異性で違う求めているもの】

男の人は、最初の目的が性行為であっても、まじめにお付き合いをしたい女の人に対してはそれほど欲求を表に出しません。それは、男性は女性との付き合いを癒しと捉えるからです。疲れた自分を優しく迎えてくれる相手を求めているからでしょう。男性は、好きとセックスしたい気持ちが同じベクトルの上にはありません。欲情したから性行為をしたいと思ってしまいます。一方、女性は反対で好きだからしたいのです。相手の愛情を目に見える形で実感したいからセックスを望んでいます。そのため、相手が求めてこないと愛されていないと思いこんでしまうのです。付き合ってからのセックスレスが多いのは、これらのことが関係あると考えられています。

男女で違う付き合う定義を理解すれば、双方の関係が上手くいくはずです。女性は性行為に愛されている証拠を求めています。その気持ちを満たすように心がけたいものです。また、セックスをするときに相手を満足できないときもあるかもしれません。不安な人は、一度専門のクリニックで受診してもらいバイアグラなどを処方してもらってください。医師の説明をよく聞いて、正しく服用するようしましょう

Copyright(c) 2013 jazzukha.com All Rights Reserved.