性的志向・嗜好のはなし

性的指向は千差万別。好みもあれば、精神的疾患もあります。犯罪になるような嗜好もあります。異常な世界は理解不能なところもあるでしょうけれど、知識としては知っておくと良いでしょう。

【性的指向の色々】

一般的なのは「異性愛」です。自分の性別とは反対の人を愛する性的指向。社会の多数派であり、しばしば「正常」と判断され、異性愛以外は「病気」と考えられていた時代もあります。

同性愛は自分と同じ性の人を愛するものです。ホモセクシャル、ホモと呼ばれますが、しばしば侮蔑的な意味で使われます。最近では、男性同性愛者を指す「ゲイ」が女性にも使われるようになり、一般的には「ゲイ」と呼ぶことの方が多くなりつつあります。

両性愛者は、男性も女性も愛することのできる人です。両性愛と異性愛の混合状態とも、性的指向に偏りのない状態とも言われます。

無性愛とは、男女どちらにも恋愛感情、性的興奮を抱かない人です。アセクシャル(Asexual)とも呼ばれます。一般的には子供時代には恋愛も性的欲求もないことから、子供的状態ともみることができます。

【特殊な性的嗜好】

露出症は、自ら裸体を他者にさらすことで性的な興奮を感じること。一種の精神病ですが、露出系のアダルトビデオを観たり、妄想して喜んだり、人に見られない屋外での性行為を喜ぶのは病気ではありません。具体的に露出行為に及んだり、精神的な苦痛を自覚したりした場合には治療が必要です。

老人性愛は、老人にしか性的興奮をしないこと。ぶよぶよの体や、しわくちゃの肌、たるんだ脂肪、まがった背中、体臭や口臭、垂れた乳房や、委縮した性器に興奮します。妊娠しない女性との性交渉を望む気持ちが強い場合にもなります。性的倒錯の一種です。

小児性愛は、子供に対する性愛嗜好。ごくまれな嗜好と思われがちですが、潜在的には数%いるといわれており、アメリカなど先進国を含めて各国で社会的に大きな問題となっています。

この他に、排尿を見たり飲んだりすることを好む尿嗜好、人の糞便をいじくったり食べたりすることを好む糞便愛好、浣腸行為を好む浣腸嗜好。動物との性行為を好む動物性愛、無毛の性器を好む無毛嗜好、妊婦に魅力を感じる妊婦性愛、母乳に性的にひかれる母乳嗜好などがあります。


個人の性的指向・嗜好は犯罪にならない限り自由なものです。差別的な態度をもたないように留意した方が良いでしょう。

Copyright(c) 2013 jazzukha.com All Rights Reserved.