9歳までに性教育を行う!?子どもに教えるための3つのポイント

性教育は、子どもにどんな風に教えればいいのかと悩む方も多くいるのではないでしょうか。しかし、性教育は生きていくために学ばなくてはいけません。いやらしかったり、恥ずかしかったりする話しではなく親が教えるべき教育なのです。ではいつから伝えるべきなのでしょう。性教育を始める時期と、それをスムーズに行うためのポイントについてまとめてみました。

【第二次性徴が始まる前に教えよう】

子どもが大人になる過程で起こる変化として、第二次性徴と言われるものがあります、第二次性徴は中学生くらいから始まるといわれていますが、早いと9歳くらいから始まることも珍しくありません。個人差はありますが異性に恋をしたり、急に背が伸びたりなど心身ともに変化が訪れる時期です。子どもはそんな心や身体の変化を敏感に感じ取り、「これはいったい何なのか」とその変化に戸惑ってしまいます。これがいわゆる思春期というものです。思春期を迎えると、親や身近な大人から性の話を聞くのがとても恥ずかしく感じてしまいます。ただでさえ、親から自立したい時期です。そんなときに親が性について教えようとしても、「どうしてそんな話をするの」と反発する可能性が高いでしょう。一方、9歳までの年頃は、親から自分の知らないからだのことに恥ずかしさを感じません。むしろ、興味深くとらえることができるはずです。このような理由から、性教育は第二次性徴が始まる9歳までに行うようにしてください。

【スムーズに伝えるための3つのポイント】

では、具体的にどう説明すればいいのでしょうか。ここでは、性教育をスムーズに教えるための3つのポイントを紹介します。まず、身体の仕組みを教えることからです。性教育というと、どうやって子どもができるのかの過程を説明するものと思いがちです。しかし、本当に必要なのは子どもが自分の身体について理解すること。最初は簡単に人間の体の仕組みにとついて教えましょう。次は、分かりやすい言葉で正しく伝えることです。恥ずかしいからといって、別の物に例えていませんか。大人は察してくれますが、子どもはそうはいきません。漠然とした例えで誤った知識を持ってしまうと性教育の意味がなくなります。簡単な言葉で正しく教えてあげてください。最後は、性について話しやすい環境を作りましょう。性教育は命の大切さを教えるものでもあります。親になんでも相談しやすい環境があれば、分からないことや困ったことがあれば何でも聞いていいと理解するはずです。

【子どもの性にまつわる疑問は真剣に向き合おう】

性教育については、親としてどう教えるかはっきりとした正解が見えないケースが多いもの。しかし、そのたびに真正面から子どもと向き合って真剣に応えるのが大切になります。反対に、子どもが興味関心を持ち質問したり悩んでいたりしたとき、「そんなことを聞かない」と怒ったり、「なんて言えばいいかわからないから」と放っておくのはよくありません。聞いてはてはいけないものと思ってしまい、親に性に関する悩みを相談できなくなってしまいます。性教育は確実にこれが正しいといえるものはありません。伝え方に迷うこともたくさんあるでしょう。まずはお子さんの成長を見ながら、9歳頃を目安に生まれたときの話をしてあげてください。そのときの子どもたちの驚きや喜びの表情は、あなたの宝物になるかもしれません。

Copyright(c) 2013 jazzukha.com All Rights Reserved.