子供の性教育~どう対処すべきか

性感染症は誰にでもなる可能性があるため、他人ごとではありません。感染したこと自体に気づけず相手と行為に及んでしまうと、病気を感染させてしまう恐れがあるのです。老若男女問わず感染は広がりを見せ、日本の女子高生は世界で一番の感染率となっています。たとえ避妊具をつけたとしても、キスやオーラルセックスで感染する性感染症もあるため、防ぐのは簡単ではありません。ここでは、性感染症の恐ろしさや検査方法を紹介していきましょう。ぜひ、お子さんにも性感染症について家庭内で教えてあげてください。

【日本で多い性感染症クラミジアとは?】

日本で一番多い性感染症は、クラミジアだそうです。その人数は100万人以上とも言われています。もし高校生でクラミジアにかかってしまっても安心してください。クラミジアは早期発見をして、きちんと治療をしてもらえば治る病気です。ただし、感染してそのままにしておくと、男性は前立腺炎や血精液症になり、女性は不妊症や子宮外妊娠の原因にもなってしまいます、つまり、最悪の場合、女性は赤ちゃんが産めない身体になってしまいます。この病気の恐ろしいところは自覚症状が分かりにくいところです。自分には関係ないと思っていても、一度検査をしておいたほうが安心できるので検査を行って損はありません。

【病院での検査について】

クラミジアを病院で検査してもらうときは、男性は尿道の細胞をこすり取り、女性は子宮頸管の分泌物を採取して検査をします。血液検査で抗体があるかどうかも確認できますが、現在はかかっていなくても、過去に感染の経験があると陽性の結果が出てしまうようです。検査結果が陽性と判断されると、抗生物質を約1週間服用しなければなりません。治療後に再検査を行って陰性と分かれば完治していることになります。決まった相手がいるのなら二人で完全に治っていないと、再び感染してしまう恐れがあるのです。検査と治療はお互いのために2人で行うようにしましょう。

最初の話で触れたように、日本の高校生の中でも特に女子高生は世界でもトップクラスの感染率だと言われています。日本性教育協会(JASE)が高校生を対象に行った、クラミジア感染についての調査によれば、男子が6.7%、女子は13.1%が感染していることが分かりました。年齢別で見てみると高校1年生の女子は17.3%、経験人数が5人以上と答えた約30%が感染しているようです。この結果は先進国の中でも最も高い数値で、日本の女子高生は世界で一番性感染症にかかっているともいえますね。

【クラミジアを防ぐためにも】

クラミジアを予防する方法として性交渉(キスやオーラルを含む)を一切しないという方法もあります。しかし、これは現実的な方法とは言えません。不特定多数の人と関係を持っていると、当然感染する危険性も高まってしまいます。そのため、好きな相手とだけ性行為を行うようにし、コンドームなどの着用を欠かさないようにしてください。もちろんそれだけで完全に感染を防げるわけではありません。放っておけば他の病気を誘発してしまう可能性もあるので、定期的な検査を行うようにしましょう。極力人の目に触れず検査をうけたい場合も大丈夫です。自治体の保健所でなら、匿名のうえ無料で検査を受けられます。ぜひ、お子さんにも決まった相手がいるのなら性感染症の検査はするように勧めておきましょう。