性病ってどうしてなるの?

最近の十代の子供たちにとっては、性病に関する知識が乏しいことが大きな問題です。ほとんど対策なしに性行為をし、後々悲惨な目に合う子供が増えています。性病教育は親の責任です。

性病、性行為感染症については、その危険性や感染方法についてきちんと教えておく必要があります。性風俗店や不特定多数との性交渉で感染することがほとんどなので、そうした行為を慎むよう指導しなければなりません。また、万が一感染の疑いがあるときには、速やかに専門医の治療をうけるよう指導すべきです。

STD予防法|STD(性病)の感染予防|STD研究所 性病についてのお悩み解決サイト

【性病予防は親の責任】

男性が風俗店などで不特定の相手と性交渉をもった時に性感染症に感染する可能性が高いです。コンドームを使用しても、着用前のキスやオーラルセックス時に感染することもあります。風俗店に行った男性と性交渉をもったために、女性が感染することになります。女性の場合、風俗店に通う男性とは性交渉をもたない、と決めなければなりません。もちろん女性も風俗店に出入りしてはいけません。

性感染症になれば、高いリスクを背負わなければならなくなります。親としては、子供の体を守るため、正確に厳しく伝えなければなりません。男性には、風俗店などで無防備な性的快楽にふけらないこと、女性には風俗店などに通う男性とは付き合わないことを指導すべきでしょう。

最近では、女性用のコンドームも登場しています。女性が自分の膣内に装着できるものですので、自己防衛策として用意することもお勧めです。

【性行為感染症の種類】

昔ながらの梅毒や淋病は減ってきていますが、クラミジア、ヘルペス、トリコモナスなどの感染症が増えてきています。放置するとどんどん悪化し、運が悪いと死に至ることもあります。妊娠が困難になることもありますので、万が一病気が疑われる場合には、ためらわず直ちに専門病院を受診すべきです。

不特定多数との性交渉で広がりますので、万が一、自身が危険な相手との性交渉を持ってしまったときには、安全が確認できるまでは、恋人とのセックスは絶対しないなどの配慮が必要です。

HIVなどの危険な感染症もコンドームの着用でほぼ確実に予防できます。未婚者はどんな相手との性行為においても、コンドームを利用すべきです。

性病に関する指導は、性教育の中でも最も重要なことがらです。子供の体を守るため、親の責任として厳しく教え、コンドームを使った避妊と感染予防を伝えなければなりません。

Copyright(c) 2013 jazzukha.com All Rights Reserved.